栄養補助食品

赤ワインのポリフェノール

薬

赤ワインの効果

フレンチパラドックスと言う言葉があります。これはフランス人が喫煙率も高く飽和脂肪酸を多く含む食事をしているのにもかかわらず、冠状動脈性の心臓病にかかる率が低い事をいいます。その理由は赤ワインを飲んでいるからと言われています。赤ワインにはレスベラトロールと言う物質が含まれこれはブドウの茎や皮などから抽出されるポリフェノールの一種で、これが酵母の寿命遺伝子Sir2(サ−ツ−)遺伝子に直接働きかけて、活性化されると言う報告が出されています。その他、マウスや綿虫や小魚などで実験が行われ、寿命が伸びたという結果が報告されています。その結果からレスベラトロールは、長寿遺伝子に直接作用をし、老化抑制効果を発揮すると期待されています。

長寿遺伝子を活性する物質

加齢による老化を防ぎ効果については長寿遺伝子として最近注目をあつめているサーチュイン遺伝子ですが、この遺伝子に直接働きかけて、活性化させる成分がレスベラトロールです。サーチュイン遺伝子の働きは、傷ついた細胞の修復、代謝やエネルギーの生産、細胞のアポトーシス(細胞が自然に死ぬこと)の調節、細胞の寿命が短くなることの制御をして細胞の老化を防ぐことです。さらに、血管を若々しく保って、動脈硬化を防ぎ、脂肪細胞の肥大化を防ぎ、膵臓ではインスリンの分泌を増やし、血糖値が高くなることを防ぎます。これらの働きで年を取ることによって起きるいろいろな病気の予防になるのではないかと期待されて、現在レスベラトロールについてのさまざまな研究が進んでいます。